Vlog_ Sea & moon.

料理、本、おすすめの店などいろんなことを記事にします!よろしくおねがいします。

なんのために結婚するのか

こんにちは!

 

同棲して1年5ヶ月経ちました。

 

そろそろ結婚するか、どうするか決めたい時期です。

(最初から結婚しないで同棲するのは本当に嫌でしたが、相談して同棲が決まりました)

 

でも、一緒に住んでいるし結婚して変わることがほとんどないので、なんのために結婚するのかわからない問題が浮上しています。

 

でも、一人の女としてのプライド?なのかなんなのか、だらだら同棲するのは絶対に嫌です。

 

矛盾しているなーと思うけど、どっちの感情も嘘じゃないので困ります…

 

これを解決するにはこれしかないと思って、自分の中で同棲期限を作りました。

 

期限を越したら、保険も年金も住民票も手続きし直しですが、実家に帰って農家として自立を目指そうと思います!

 

 

風よ僕らの前髪を

こんにちは。

最近ハマっていた本がこちらです↓

「風よ僕らの前髪を」弥生小夜子さん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

風よ僕らの前髪を [ 弥生小夜子 ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/7/5時点)

楽天で購入

 

 

推理小説であり、恋愛小説でもある本でした。

 

言葉遣いがとても上品で、女性的な表現が多いのが印象的です。

1冊で完結するストーリーにも、仕掛けが散りばめられていて、一気に読める小説でした。

よろしかったらぜひごらんください!

理想を疑ってみる

24歳になったら、わたしだけを好きって言ってくれる人と結婚するのが理想でした。

30,40代の独身女性、離婚した人、子どもがいない夫婦を見て、わたしら絶対こうならない!と強く強く心に誓ってきました。

知りもせずに、その人たちが不幸だと勝手に決めつけていました。

 

結婚して子どものいる同級生は、無条件にとても大人びて見えます。

歳を重ねて子どもが産める確率が下がることを考えて、やたらと焦ります。

 

でも、焦って結婚していいのか?

長い間疑うことのなかった理想に囚われ、決断して、本当にいいのか?

人は、経験を積んだり、人間関係が変化したりして、自然と考え方も変わっていくはず。

 

凝り固まった理想しか見えず、もっと違う生き方があることに気付かないのは、人生を諦めていることと同じかもしれない。

考えてもどうしようもないこと

ソロ活女子のススメ(第8話ーソロ遊園地ー)を見ました。

そこで絶叫大好きなおじさんが、

「絶叫系を怖いって思う人って、確率的に0.000000…%のシナリオを思い描いてるんですよね。死ぬんじゃないかとか。日曜に散歩してる方が死ぬ確率高いかもしれないのに。」みたいなことを言っていました。

 

わたしは絶叫大嫌いですが、たしかに!と思いました。

考えてもどうしようもないよね…

でも、考えないようにするの難しい…!

 

死ぬかもって考えないで乗れたら、

絶叫マシン好きになるのかも…。

私の思考癖

私には思考癖?があります。

勝手に人の考えなどを想像して、そこから考えが抜けられなくなる癖です。

 

彼氏に元彼女が4人もいることを知ったら、そればかり考えてしまうし、彼氏に好きと言われても、他の4人にも言ったのかと思うと速攻冷めます。

 

でも、元彼女が少ない人の方がいいかと言うとそうでもなくて。

本当に私と付き合っていいのか、妥協して私と付き合ってるんじゃないかとグダグダ思うんです。

 

そういう思考癖から抜けるためには、

私は自分の気持ちに向き合うことと、素直に相手を信じることだと思います。

信じて期待して裏切られるのが嫌で、中々自分の気持ちや相手の言葉に素直に向き合えませんが、意識して思考癖をなおしていこうと思います。

 

最後までありがとうございました。

【日記】6の仲直りのコツ

  1. 冷静になる。
  2. 自分の非は認める。
  3. 嫌なことはきちんと伝える。
  4. 煽らない。
  5. 期待しない。
  6. 喧嘩に疲れたら冷却タイムに入る。

 

恋人や友達、家族などとケンカした時の仲直りのコツです。

それでもどうしょうもなくイライラする時は、友だちに『私のダメなところはどこ?』と聞きます。そうして言われた欠点を受け入れるつもりでケンカ相手に謝ります。

最後に、仲直りしたら友だちにいいところも聞いて幸せな気持ちになるとスッキリします😌

 

どうしょうもなく、収拾がつかないケンカ時に仲直りの手助けになれば嬉しいです☺️

【読書】心 姜尚中

半年ぐらい前の私は、自分のやりたいことから目を逸らさずに全てに対して全力で取り組むべきだと思っていました。

 

でも、この本を読んで変わりました。

 

自分のやりたいことすべてを叶えなくても、幸せになれる。

 

自分のやりたいことはすべて叶うわけではない。

そして、それが叶わなければ全てダメだとか、

自分の願いを叶えるために必死にならなきゃいけないとか、

あまりそういう考えにとらわるべきではない。

 

本当に大事なものを見極めて、

相手と親和していく力がないと大事なものを失っていく。

 

※タイトルを間違えていました。

 調べてくださった方、申し訳ありません😓